キリマンジャロの会(代表 鈴木勝美・6期)は、一般社団法人キリマンジャロの会(代表 古谷公文)と連携して、タンザニア連合共和国キリマンジャロの麓にあるマサイの村バンガタに日本の支援で設立された「さくら女子中学校」を応援しています。

中学校設立以前から始まったキリマンジャロの会の支援活動も今年で5年目、さくら女子中学校の自立経営に向けて最終フェーズとなっています。この夏は日本国内でも支援活動をPRする2つのプログラムが計画されています。

①横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)でのシンポジウム開催(8/27)と②日本中近東アフリカ婦人会主催の第20回チャリティバザー(9/30、半蔵門ロイヤルパークホテル)での出展です。今回は、①のTICAD7でのサイドイベントとして開催されるシンポジウムをご案内します。

アフリカ開発会議シンポジウム案内

アフリカ開発会議(TICAD)とは、Tokyo International Conference on African Developmentの略で、アフリカの開発をテーマとする国際会議です。1993年以降、日本政府が主導して、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催されます。今年の第7回は、2019年8月28日~30日に横浜で開催されることになっています。

◇シンポジウム概要:
「女児のエンパワメント」は持続可能な開発にかかせません。タンザニア共和国に日本からの支援によって2016年に開学した「さくら女子中学校」は、両国の市民団体がJICAとのパートナーシップにより設立した理数系教育を重視する全寮制中学で、開校後わずか3年で進学校の仲間入りを果たしました。

女子のリーダーシップ教育の手ごたえ、学校経営の課題、ソーシャル・チェンジと文化の問題等について、活動の当事者と、日本に留学中のタンザニア人女子大学院生が討論します。

◇日時:2019年8月27日 13:00 – 14:30
◇場所:パシフィコ横浜 展示ホールB

キリマンジャロの会主催のシンポジウムへの参加は以下のサイトからです。奮ってご参加下さい。

キリ会主催のアフリカ開発会議(TICAD7)サイドイベント・シンポジウム:
参加申込みWebサイト

現地からのタイムリーな報告(ブログ)を紹介しているWebサイト
さくら女子中学校のWebサイト : https://www.sakura.vision/

キリマンジャロの会の活動や一般社団法人キリマンジャロの会にご興味のある方は、以下のお問合せ先まで ご連絡下さい。

◇代表:   鈴木 勝美6期
◇お問合せ先: kilimanjaro@rssc-dsk.net