学びの情熱尽きることなく

アジアの貧困とNPO/NGO支援研究会

ご紹介

設立の経緯および活動の方針

 世界の人口の4分の3に当たる約50億人の人たちが開発途上国で生活し、そのうち国連が定めた1日1.25ドル未満(約150円)で生活している人たちは、19億人(1990年)と言われております。
 この極度の貧困状態の人口の大部分を占めるのが、アジアとアフリカのサブサハラ(サハラ砂漠以南)に住む人たちです。このうちアジアが貧困者数の約60%(11億人)と多く、世界の貧困問題はまさにアジアの問題であります。
 2000年に国連で採択されたミレニアム開発目標の達成に向けて、国際社会が取り組んだ結果、東アジアの中国とインドは経済成長により大きく改善されましたが、一方では今もなお8億人以上が極度の貧困状態にあります。(主にサブサハラと南アジア地域)
 私たち研究会は、このアジアの貧困問題の研究と、貧困問題に取り組んでいるNPO・NGOに対する支援を行うことを目的として2009年7月に発足しました。
 現在の会員数は、16名(男性8名、女性8名)です。主な活動としましては、

  ①バングラデシュ・マイメンシン県にある障がい者施設を訪問し、子どもたちとの親交
   (本の読み聞かせ、ゲーム、音楽など)と「ごはん基金」への寄付。
  ②使用済切手、外国紙幣、コインの寄付
    寄付先:JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)
  ③講演会への参加と月1回の定例会の開催
  ④チャリティーイベントへの参加 その他

2015年度の活動計画と実績

2015年度の活動計画と実績

連絡先

 ご興味のある方、あるいはお問い合わせのある方は、以下までご連絡下さい。
  ○メールアドレス:   asia@rssc-dsk.net
  ○電 話 番 号:  080-6552-0122

最新の投稿一覧

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    PAGETOP
    Copyright © 立教セカンドステージ大学同窓会 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.