人は皆豊かな生活を送りたいと思っている。そしてそれなりの楽しみを考えるが、その楽しみ方の豊かさは人により違いがある。

先日、ある会の同世代の女性4人に、「○○グループ社の送迎バス付2泊3日の熱海旅行」に誘われた。旅費合計16,770円、上野駅前集合解散。ビックリ値段で期待はしていなかった。丁度台風が接近の為、海沿いの高速道路は閉鎖され小田原から山道に入った。まだ青々と硬いみかん畑とススキの穂を見ながら熱海のホテルへ。

予約のホテルで10人程の客が降り、バスは系列のホテル4か所を回って、順番に降ろしていくそうだ。建物は大きく立派でホールは広く、通された部屋は和洋室で5人には充分なスペースがあり、部屋には風呂も付いていた。大浴場は清潔でサウナや露天風呂もある。夕食はバイキング形式、ソフトドリンク、アルコールは飲み放題、カラオケは無料。夕食時客数をザッと数えて150人位いた。経営的にどうかな?適正な料金ではないと計算した。

このホテルは以前、名のあるホテルだったが、○○グループの傘下になり薄利多売商法が売りで、少しもったいない気がした。景観良好清潔、親切丁寧な対応でリピータも多いと思うが。

翌日、バイキング朝食をとり、早めに食べ、昨日の台風で家が心配になり部屋に戻り、娘にTELで様子を聞き安心して横になっていた。大分時間が経ってから友達たちが部屋に帰ってきた。テレビのニュースを見ながら「これ以上何も食べられない」手にはダイニングのピッチャーから、注いだ水のペットボトルを持って来ていた。一休みして熱海駅前に行くことに話が決まった。上り下り道でタクシーと思っていたら、ホテル専用バスが1時間に1本出るから、それに乗ることになった。

時間調整して熱海駅で下車。ブラブラして昼食はどこで食べるかな?「朝、昼の分も食べたからいらない。このグループの旅行はいつもそうよ」寝だめ食いだめの調節のできるグループに閉口。土産店に入るが店員の説明を聞き試食し、薦められても買うことはない。ホテルへ帰るバスも、40分行列に並び、4か所のホテルで順に客を降ろし、やっと投宿のホテルで降りた。

翌日、帰路の上野駅前行のバスにPM2時に、ホテル前から乗る予定。「3時頃おなか空くわよね。コンビニで🍙買っておこうか?」 「あら、ホテルのロビーに日冷食品の自販機あったわ、あの🍙、あれでいいわよ(因みに小4個370円)2人で分けて食べましょう」こんな具合で、これといった美味しいものは少しも口に入らず。そして上野駅前到着、夕食は、さっぱりとうどんかそばで、ということで「富士そば」へ。水で乾杯して旅行は〆られた。

このグループの旅行は、1回行くところを2回、2回行くところを3回の経費で楽しんでいるとの事。ケチケチ旅行も、皆さん仲よく賑やかで、豪華さだけが心豊かでない旅だと遅れながら知った。懐よりもこうゆう旅もありと納得。誘っていただき、少し違う付き合い方を知り得た旅だった。お礼のTELは「また、誘ってください」と。(七期生 岩田)

<<Kissの会は、SSCR同窓会ホームページへの投稿サークルです>>
【Kissの会 連絡先】         kiss7th.rssc@gmail.com
【投稿履歴/Kissの会 webサイト】 https://kiss7th.jimdo.com