「温泉で寛ぎ、フォーリーブス・トークライブを楽しむ5期生会湯煙ツアー」は秋晴れの気持ちの良い日和の下、10月6日~7日群馬県四万温泉に22名が参加して行われました。

「五期生会旗」を囲んで参加者一同

 

第1日目の6日、午前9時東京駅から四万温泉直通の高速バスで約3時間、山懐にある四万温泉に到着。午後は絶好の秋日和の下で約3時間・約1万歩の散策を楽しみました。コースは川越しに「小泉の滝」、四万温泉開湯の謂れのある「日向見薬師堂」、そして青空に誘われ、予想外のコバルトブルーに輝く奥四万湖まで足を延ばしました。

206小泉の滝Y 208奥四万湖集合H

210奥四万湖Y 211四万ダム前H

そして、18時からは、甘酸っぱい果実味の食前酒で乾杯!その後、「フォーリーブス・トークライブ」に4人が登壇し、パワーポイント資料を使用して「フォーリーブス誕生秘話、気の合わない4人同志の他己紹介、インド・ネパール・モンゴル旅行記」などを語る楽しいトークライブでした。年齢も出身も経歴も全く異なる4人の方々が池袋の「花の舞」でグループを結成し「花の舞 フォーリーブス」としてスタートし、RSSC卒業後も「口角泡を飛ばす」勢いで論じあうという関係は他に例を見ない妙味を感じさせ、人と人とのつながりの大切さが感じられる4人のお話でした。続いての懇親会は、季節の食材を活かした会席料理に舌鼓をうちながら、5期生会専属の名迷司会者の熟練名調子美声に心弾み、平成の?若き?キャンディーズの?パフォーマンスに大はしゃぎ、同窓会会長と5期生会会長の意外に“格好良い!” 歌声に驚くなど、懇親会は大盛り上がりでした。

215フォーリーブスH  217キャンディーズH

218進行役H 220二次会H

2日目の7日午前中は、元禄年間に建てられたという日本最古の木造湯宿建築、3階建ての「積善館」を見学・入浴。積善館大浴場は湯治場的雰囲気のする良い湯どころでした。この旅館は有名なアニメの湯宿「油屋」のモデルではないかといわれる宿で、アニメを思わせる雰囲気でした。昼食は 一晩寝かせた温泉水を用いて練り上げ、温泉で炊き上げたアツアツの「積善名物・温泉釜揚げうどん」を戴きました。

224積善館前H

積善館と赤い欄干前の参加者

参加した宗匠三人の方々の、秋薫る秀句を披露させていただきます。

秋の夜や 友と語りし 四万の宿   泰樹 詠
秋晴れや 茅ぶき四万に 友集う   功 詠
紅の 四万の葉浮かぶ 露天風呂   春朗 詠

ツアー締めのあいさつで、5期生会会長から今後の予定紹介があり、「明年1~2月に、新年会を兼ねてトークイベントNo3として、5期生会員2人の方に活動報告をお願いしています」、「3月には松戸市・21世紀の森に、立教大学理学部教授上田恵介先生をお迎えしてバードウオッチングを検討中です」と、年明け後2回のイベント概要の発表がありました。

240会長あいさつH

会長の閉会あいさつと今後予定紹介

今回の旅行は怪我などのアクシデントも無く、温泉を楽しみ、フォーリーブス・トークライブに心浮かれました。

229コスモスY

秋桜にツアーの余韻が・・・

「なるほど気が置けない友との旅はロマン」ということが実感できたツアーでした。もちろん名所旧跡・雄大な自然の感動は、言うに及ばぬ快感として脳裏に刻まれた訳です。(了)